スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- comment:0 trackback:0
ロストイントランスレーション観ました。
ロスト・イン・トランスレーション
ロスト・イン・トランスレーション
監督:ソフィア・コッポラ
出演:ビル・マーレイ 他

東京を舞台に2人の男女の孤独感、心の動きを美しい映像と共に描いた作品。
特に大事件がおこるわけでもなく、ただただ少ない会話の中で静かに物語が進んでいく。
田舎で育った私には描き出される東京が「そんな感じだなぁ」。
外国映画にありがちな、オーバーな日本人の描写もないように思う。
映像も綺麗で、スッと入り込める。

親元を離れ、知らない土地で一人暮らしをはじめた頃の孤独感。
街の中にいるのに「自分はどこにいるのだろう?」という感覚。
ふわふわと漂うような、何ともいえない、とらえようのない・・・。
それは今でも通じるものがあって、空虚感というか時に感じる切なさ。
そういう感情を重ねながら見ていた。

日本独特の情緒、のようなものが2人の心のゆれを際立たせていたように思う。
自分が日本人であることで、外国人とはまた違った見方をしているかもしれない。
ゆっくり静かに考えながら見ることができる映画だった。

聞き耳を立てる 音楽もとてもよく、サウンドトラックが欲しくなりました。
観たよ聴いたよ作ったよ comment:4 trackback:7
スポンサーサイト
- comment:0 trackback:0
comment
トラックバックさせていただきまし。・・・ですが失敗して2個もつけてしまいました。。。
申し訳ないです。
お手数ですが、削除お願いします。
ホントごめんなさい。

でも、『ロスト・イン・トランスレーション』はいい映画でしたよね。
とても深く考えさせられました。
ck9139 2005/03/07 11:03 PM
TB&コメントありがとうございました〜
そういえば下着姿は全然いやらしくありませんでしたね。
少しも気にならなかったのでそれほど自然だったのでしょうね〜
ななな 2005/03/08 2:33 PM
>ck9139 さん
削除遅くなって申し訳ありません。
TBありがとうございました〜。
どうやら賛否両論の作品のようですが、私はとても好きな映画でした。

>なななさん
こちらこそコメントありがとうございます。
そうなんです〜!とっても自然なパンツ姿だったのです。
なんだか可愛かったです。
ところでビル・マーレーは昔からおじさんだったような気がしませんか・・・?
のんこ 2005/03/11 11:07 AM
こんにちは これ面白かったんですね…実は半分まで見てたんですが途中でストッキングの日本女が出てきたり、裸でダンス?する女が出たりとついイラッとしちゃって(笑)日本人バカにしてんじゃないのプライド捨てて見たら楽しめそうですね
2009/11/22 9:09 AM
send




http://noan.jugem.cc/trackback/103
trackback
ロスト・イン・トランスレーション
なんかよかった。 喪失感が出てて淡々としててふわふわ漂ってるようなそんな感じ。 ラストもさっぱりしてて後味よかった。 日本の描写が変とか言う人いるけど私はそこまで違和感は感じなかったです。 選挙のうるさい車や日本のおかしなテレビ番組(マシュ〜!!)頭をぺ
映画を観たよ 2005/02/26 12:46 PM
ロスト・イン・トランスレーション
以前から観よう観よう思いつつも、ダラダラと機会を逸していたのですがようやく今日観ることができました。 予想以上に素晴らしい作品で、たくさん笑えたし、なによりも感動できた。 人によって評価が分かれる作品だと思うけど、ぼくにとってはとても満足のいく映画だ
リテラ・ダイニング 2005/03/07 10:59 PM
ロスト・イン・トランスレーション
今日の午後8時くらいにTSUTAYAでDVDを借りた。 CDがパソコンでコピーできたからDVDもできるかな、と思ってやってみたけどできなかったから明日の10時までに2本DVDを見ないといけなくなった。 (なぜDVDはコピーできないのよ) 「ロスト・イン・トランスレーション」
マシマロホンポ 2005/04/17 4:09 PM
異苦同温 【ロスト・イン・トランスレーション】 S.コッポラ [US+日本'03] 
 ソフィア・コッポラの映画はどこか捉えどころに欠けてみえる。その捉えどころのなさはときに、ガーリッシュとか癒し系などという、いかにも無粋な言葉たちにより彼女の作品が掬い上げられてしまう原因になっているようにも思うのだけど、あたしが彼女の映画を好む理由
○0o 。ねこはしる 。o0○ 2005/06/28 12:16 AM
『ロスト・イン・トランスレーション』 ソフィア・コッポラ:「フシギの国ニッポン」映画 その1
自分はドイツ人の知人の勧めで観てみました。 「既に人生を使い切ってしまった」映画スターの主人公、そして、自分の人生の意義を見つけられないまま、いたずらに時間を浪費しつづけるヒロイン。それぞれ、はた目には何不自由なくゴージャスな暮らしを満喫している
~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録 2005/12/23 9:50 AM
『MON−ZEN(Erleuchtung Garantiert)』 ドーリス・デリエ:「フシギの国ニッポン」映画 その2
『ロスト・イン・トランスレーション』を観た後でブーブー言ってた自分に、ドイツ知人が薦めてくれたのがこのドイツ映画です。 概要については、こちらを参照していただくとよろしいかと思います。 「不思議都市」東京を起点に、行き詰まった人生を打開するための「
~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録 2005/12/23 6:27 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- 2007/06/30 8:48 PM
latest entries
comments
trackback
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
profile