スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- comment:0 trackback:0
こうもり乱入事件
深夜2時、野乃が部屋を駆け巡る。
寝ているまりおを躊躇なく踏んで走る。
『グェ〜!』と踏まれたまりおが悲鳴をあげながら目覚める。
何事かと見てみると、でっかい蛾を追いかけている。

我が家はもう大騒ぎだ。

しかし大きすぎる。
ふとまりおが気づく。
蛾ではない、コウモリだ!!!

というわけでコウモリがどこからともなく現れました。
なぜ〜??しかし2人とも怖くて捕まえることができないのです。
かといってこのまま居られても困ります。
扉の向こうから様子を窺うこと数分間。
ブンブン飛んでいたコウモリがやっととまりました。換気扇のダクトの上に。
お前がいけ、とお互いが押し合いながら、消防団の帽子を被った(←やる気を出すため)まりお隊員が出動。
ビニール袋をかぶせ、後は袋の中に落とすだけというところで、なんとまりお隊員、痛恨のミス!!
隙間から逃げられてしまいました。その後行方知れずに・・・。

次の日の夜、野乃隊員が妙に一点を見つめウニュウニュ言っている。もしや!!と思い辺りを探してみると、いました。コウモリが。
『非日常的な存在やもん!怖い!!』と騒いでいるまりお隊員を尻目に、のんこ隊員が満を持して登場。
昼間ネット検索で色々調べておいたお陰で、怖いより可哀想な気持ちが強かったためタオルをかぶせて掴み、外に出してあげました。
もちろん腰は引けてましたけどね。

今回の騒動では捜索隊として野乃隊員がとても頑張ってくれました。
でも飛び回るコウモリにはまったくとどいてなかったんですが。
コウモリにはなかなか楽しい2日間を過ごさせていただきました。


こうもり日記
ももちゃんという拾われたコウモリの日記です。最後はちょっと可哀想なのですが。。。
ネコが好き comment:2 trackback:0
スポンサーサイト
- comment:0 trackback:0
comment
こうもりがどうやって入ったのかが一番の謎ですねぇ(笑)
私たち夫婦はどっちもが野生児だったために、子供の頃はこうもり捕って遊んだね〜
なんて妙に懐かしんでみたり(笑)

しかし、野乃隊員は大活躍ですねぇ!
うちでもまお捜査官が誰よりも早く、侵入してきた虫(主にゴキブリ.....)を発見して
追跡してくれるので、今の所捕獲率100%を維持しとります。
あれで猫自身が捕まえて、なおかつ外へ追い出してくれるとパーフェクトなんですが
ねぇ(苦笑)そうはうまくいかないんですよねぇ〜
2005/07/19 10:47 AM
そうなのです。いつどうやって侵入したのでしょうか・・・。
先日は雨蛙がキッチンのシンクにいました。なぜ??
私も小さいころはコウモリの赤ちゃんを家に持って帰ったことがあるらしいです(本人は覚えてない)。
子供ってたくましいですね(笑)!

やはり框さん宅でもまお美人捜査官が活躍中ですか!
私はバイクのヘルメットをかぶろうとしたら飼い猫が何やら覗いているので見てみると、『ムカデ』が入っていた経験があります。
彼女たちは本当素晴らしい仕事をしますねぇ。しかし捕まえるとなると話が別・・・。
外にも出してた猫たちは、日々の鍛錬で機敏なのか捕まえてくれてましたが、完全室内飼いの野乃はダメですねぇ。もっと鍛えないと(笑)!!
のんこ 2005/07/21 12:21 PM
send




http://noan.jugem.cc/trackback/138
trackback
latest entries
comments
trackback
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>